輸入住宅の南欧スタイルとは?魅力やデザインの特徴をまとめてみた!

公開日:2023/01/15   最終更新日:2022/12/05


せっかく注文住宅を建てるなら、海外の住宅のようなおしゃれな住まいにしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、輸入住宅といってもさまざまな種類があるので、どのようなテイストが好きかを考えておくことが大切です。そこで本記事では、輸入住宅の南欧スタイルのデザインやインテリアの特徴を解説します。

南欧住宅とは

注文住宅の醍醐味といえば、施主が住宅のさまざまな要素を決められることでしょう。間取りや設備はもちろん、内装や外見のデザインまで自由に決められます。そのため、せっかく注文住宅にするなら、オリジナリティのあるおしゃれな輸入住宅にしたい方も多いのではないでしょうか。

ただ、一口に輸入住宅といってもさまざまな種類があります。有名なのは北欧住宅ですが、南欧住宅も人気のあるテイストです。そもそも南欧とは、ヨーロッパ南部のフランス南部やイタリア、スペイン、ギリシャ、ポルトガルなど地中海諸国沿岸のことです。

南欧の気候は乾燥していて日差しが強く、夏は気温が40℃を超えることもあります。そのため、暑さ対策に特化した家づくりがされており、断熱性が大きなポイントです。ただ、南欧住宅といっても国によって特徴が異なるので、好きなテイストをしっかりと押さえておくことが大切です。

南欧住宅のデザインやインテリアの特徴

南欧住宅の特徴は、暑さ対策に特化した断熱性だけではありません。デザインやインテリアにも特徴があります。

まず、外観の特徴として、屋根に茶色やオレンジ、赤など暖色系の瓦が使用されることでしょう。さらに、白またはオフホワイトの外壁が使用されることも特徴の一つです。ベージュや淡い黄色などパステルカラーが使用されることもありますが、暖色系の瓦と相性のよいカラーを外壁にするのが一般的です。白い壁が使用されるようになった背景は、南欧地域は夏の気温が45℃を超えることがあり、強い日差しを反射させて屋内に熱を入れないようにするという理由があります。

暖色系の瓦屋根と、白い外壁によって明るく、温かみのある外観に仕上げることが南欧住宅の代表的な外観といえるでしょう。また、外構やアプローチ、花壇などをレンガ造りにすることで、おしゃれな南欧住宅になります。瓦屋根の色を合わせることで、統一感が出てより南欧住宅らしくなるでしょう。

さらに、木製の重厚感のある玄関ドアや、アイアンでできた建具や格子も南欧住宅の印象を強めるポイントです。一方、室内空間は白い壁と無垢の床材、出入り口の壁をアーチ状にすることなどがポイントといえるでしょう。ところどころに曲線を採用するのが南欧住宅の特徴であり、インテリアは白やウッドでナチュラルにまとめるのがおすすめです。

南欧住宅のテイストを生かした空間にするなら、華やかで豪華なインテリアよりも、ナチュラルでほっこりとした雰囲気が感じられるインテリアを選ぶとよいでしょう。南欧住宅とはどのような特徴があるのか押さえておくことで、家づくりのプランニングが進めやすくなります。

北欧住宅とは何が違うのか

輸入住宅といえば北欧風の住宅も人気です。南欧住宅と北欧住宅は同じ輸入住宅ですが、テイストがまったく異なります。

まず、南欧住宅は軒が出ていないのに対し、北欧住宅は軒が出ているという違いがあります。というのも、南欧は空気が乾燥していて雨が少ないので軒を出す必要がありませんが、北欧は冬の期間が長く積雪量が多いので、軒を出して雪対策をする必要があるのです。また、北欧住宅が切妻と屋根のつなぎ目に装飾部材を採用するのが特徴ですが、装飾部材のデザインが南欧住宅と異なります。

また、南欧住宅は白い外壁にアイアンで装飾をしたり、玄関にアーチ状の壁を設置したりして装飾が細かく施されているのが特徴ですが、北欧住宅は非常にシンプルなデザインとなっています。北欧は積雪量が多いため、こまめな住宅のメンテナンスが必要です。そのため、メンテナンス性を重視してシンプルなデザインが好まれる傾向にあります。

ただし、北欧住宅はシンプルな外観とは異なり、内装はカラフルでおしゃれになっています。冬の寒さが厳しく、自宅で長時間過ごすケースが多いため、インテリアやデザインを工夫して快適な空間づくりがされているのです。一方、南欧住宅の場合、インテリアは白やウッドでナチュラルにまとめるのが基本であるため、内装にも違いがあるといえるでしょう。

まとめ

南欧住宅はかわいく、暖かみのある印象で人気のテイストの一つです。南欧住宅は内装や外装に白を多く用いつつ、暖色性の瓦屋根やアイアンの装飾、アーチ状の壁など細かな装飾が施されていることが特徴です。一方、北欧住宅の外観はシンプルで、内装をカラフルにする傾向があり、同じ輸入住宅でも異なるポイントがたくさんあるといえるでしょう。マイホームの購入は人生の大きな買い物なので、ポイントを押さえて後悔のない家づくりにすることが大切です。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

せっかく注文住宅を建てるなら、海外の住宅のようなおしゃれな住まいにしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、輸入住宅といってもさまざまな種類があるので、どのようなテイストが好き

続きを読む

家の第一印象を決める外観は、家づくりでこだわりたいポイントだと考えている方も多いのではないでしょうか。その際、悩みがちなのが外壁材ですが、重厚感や高級感を出すならレンガの外壁がおすすめです。

続きを読む

ここ数年、北欧のインテリアや雑貨が人気を集めています。そんな北欧ブームの中、住宅も例外ではありません。海外のテイストを取り入れた輸入住宅は、南米スタイルや南欧スタイルなどさまざまなテイストが

続きを読む

輸入住宅の多くで導入されているのが、ビルトインガレージです。これから輸入住宅を建てたいと考えている方の中には、ビルトインガレージを作りたいと思っている方も多いでしょう。そんな方のためにこの記

続きを読む

日本の住宅とは大きく異なる佇まいを見せる「輸入住宅」。輸入住宅とは、海外のデザインや作りを取り入れた住宅のことです。おしゃれな輸入住宅は、近年家づくりにおいて人気を集めています。そんな輸入住

続きを読む

根強いファンも多い輸入住宅。海外ドラマに出てきそうなおしゃれなデザインに魅了されている人は多いでしょう。しかし、輸入住宅はデザインだけでなく、たくさんの優れた機能をもち合わせていることをご存

続きを読む

せっかく注文住宅を建てるなら、海外風のオシャレな住宅にしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、住宅に欠けられる費用には限界があるため、理想ばかりを追求することもできません。そ

続きを読む

輸入住宅と聞くと、どのような家を思い浮かべるでしょうか。広大な土地に建つ城のような家ばかりが輸入住宅ではありません。輸入住宅は注文住宅と同様に充分に選択肢に入る、デザイン性も機能性も高い家で

続きを読む

いつかはマイホームを持ってみたいと思う人も多いでしょう。さらに、最近はおしゃれな輸入住宅が注目を集めており、輸入住宅を扱うハウスメーカーも増えつつあります。しかし、購入後の保証制度に不安をい

続きを読む

建売住宅や注文住宅、輸入住宅などさまざまな選択肢から選べるのもマイホーム計画の醍醐味です。そして、おしゃれな雰囲気の輸入住宅に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、輸入住宅は

続きを読む