輸入住宅の北欧スタイルとは?魅力やデザインの特徴をまとめてみた!

公開日:2022/11/15   最終更新日:2022/11/18


ここ数年、北欧のインテリアや雑貨が人気を集めています。そんな北欧ブームの中、住宅も例外ではありません。海外のテイストを取り入れた輸入住宅は、南米スタイルや南欧スタイルなどさまざまなテイストがありますが、その中でも、北欧スタイルが注目されているのです。この記事では、そんな北欧スタイルの輸入住宅の特徴や魅力を解説します。

北欧住宅の特徴

北欧とは、ノルウェーやスウェーデン、デンマークなどの北ヨーロッパのことを指します。そして北欧にある住宅には、日本とは違う特徴があります。そこでまずは、北欧住宅の特徴をチェックしておきましょう。

高気密・高断熱

北欧住宅は、気密性と断熱性が高いのが特徴です。北欧は四季の中でも寒い冬が長く、マイナス30℃になる日もあります。そんな寒い冬を乗り切るため、家の気密性と断熱性を高くすることで、家の中を暖かく保っているのです。そして高気密であることから外気を取り入れにくいので、冬は暖かく、夏は涼しく家の中で快適に過ごせます。冷暖房も最小限で済むので、省エネにもなるのがポイントです。

窓が大きい

北欧は、日本に比べるとかなり日照時間が短いです。そのため「日照時間にはできるだけ光を取り込もう」という考えの方が多くいます。そこで北欧住宅は、窓が大きく作られていたり、小さい窓が家のあちこちにあったりするのです。窓がたくさんあることで光を取り込みやすく、家の中も明るくなります。また、北欧住宅で使われる窓は、寒さが家の中に入らないよう三層ガラスになっています。

北欧住宅ならではのデザイン

北欧住宅は、そのデザインも特徴的です。ここからは、北欧住宅ならではのデザインを見ていきましょう。

大きな三角屋根

北欧住宅の特徴の一つが、大きな三角屋根です。北欧住宅の屋根は、雪が積もらないように勾配のついた三角屋根になっています。積雪による住宅の倒壊を防ぐための作りですが、見た目もおしゃれなので、今では北欧住宅の外観の象徴のような存在です。

自然になじみやすいカラーの外壁

北欧住宅の多くは、自然になじみやすいカラーの外壁で作られています。たとえば、白、グレー、茶色などです。三角屋根となじみやすいカラーが組み合わさることで、より温かみの溢れる住宅になります。

ウッドデッキなどの屋外スペース

北欧は、夏の暖かい季節が短い地域です。そのため北欧に住む人々は、短い夏を楽しもうと、なるべく外で過ごそうとします。そんな北欧の人たちが暖かい夏を気持ちよく過ごせるよう、北欧住宅には、ウッドデッキなどの屋外スペースがあることが多いです。また、日本でいう縁側のような「戸外室」というスペースを設けた住宅もあります。

ビルトインガレージ

北欧住宅の駐車場は、ビルトインガレージが主流です。なぜなら、車に雪が積もらないようにするためです。ビルトインガレージは、駐車スペースとしてはもちろん、デザイン次第でおしゃれな空間にもできます。

木が中心のインテリア

北欧住宅のインテリアは、外観と一体感が持てるよう、木が中心なのが特徴です。木の温かみを感じられるほか、外観と同じ雰囲気の内装にすることで、室内が広く見えるというメリットもあります。

暖炉やまきストーブ

寒い地域の北欧ならではのデザインが、暖炉やまきストーブです。実際にまきを燃やして室内を温めてくれますが、暖房としての機能はもちろん、オレンジの炎が住む人に癒しも与えてくれます。

サウナ

北欧の中でもフィンランドは、サウナの本場ともいわれています。そのため、フィンランドにある住宅のほとんどに、サウナが完備されているのです。最近の北欧住宅では、本場の北欧のようにサウナを自宅に完備することも可能です。

北欧住宅は日本でもおすすめ!

日本とはさまざまな違いがある北欧住宅ですが、日本には合っているのでしょうか?日本も、北欧ほどではありませんが、冬は寒く夏は暑い、四季のある国です。そのため、北欧住宅の特徴を取り入れた家を建てれば、1年中快適に過ごせるでしょう。

とくに気密性・断熱性に優れた家は、冷暖房が最小限に抑えられることから省エネにつながり、日本が今推進しているZEHにも当てはまります。そのため、北欧住宅は日本でもとてもおすすめです。ただし、北欧と日本の大きな違いは、夏の嫌な湿気です。日本で北欧住宅を建てる場合は、北欧住宅の特徴や魅力をうまく取り入れながら、湿気対策もきちんと行いましょう。

まとめ

北欧住宅の魅力や特徴をご紹介しました。北欧住宅は、見た目がおしゃれなだけではありません。マイナス30℃にもなる寒い冬を乗り越えられるよう、かなり高性能な気密性と断熱性を誇っているのです。そんな北欧住宅の特徴は日本でも活かすことができ、日本で北欧住宅を建てれば、1年中快適に、そして省エネをしながら暮らせるでしょう。これから家を建てる方や、北欧住宅に興味があるという方、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

ここ数年、北欧のインテリアや雑貨が人気を集めています。そんな北欧ブームの中、住宅も例外ではありません。海外のテイストを取り入れた輸入住宅は、南米スタイルや南欧スタイルなどさまざまなテイストが

続きを読む

輸入住宅の多くで導入されているのが、ビルトインガレージです。これから輸入住宅を建てたいと考えている方の中には、ビルトインガレージを作りたいと思っている方も多いでしょう。そんな方のためにこの記

続きを読む

日本の住宅とは大きく異なる佇まいを見せる「輸入住宅」。輸入住宅とは、海外のデザインや作りを取り入れた住宅のことです。おしゃれな輸入住宅は、近年家づくりにおいて人気を集めています。そんな輸入住

続きを読む

根強いファンも多い輸入住宅。海外ドラマに出てきそうなおしゃれなデザインに魅了されている人は多いでしょう。しかし、輸入住宅はデザインだけでなく、たくさんの優れた機能をもち合わせていることをご存

続きを読む

せっかく注文住宅を建てるなら、海外風のオシャレな住宅にしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、住宅に欠けられる費用には限界があるため、理想ばかりを追求することもできません。そ

続きを読む

輸入住宅と聞くと、どのような家を思い浮かべるでしょうか。広大な土地に建つ城のような家ばかりが輸入住宅ではありません。輸入住宅は注文住宅と同様に充分に選択肢に入る、デザイン性も機能性も高い家で

続きを読む

いつかはマイホームを持ってみたいと思う人も多いでしょう。さらに、最近はおしゃれな輸入住宅が注目を集めており、輸入住宅を扱うハウスメーカーも増えつつあります。しかし、購入後の保証制度に不安をい

続きを読む

建売住宅や注文住宅、輸入住宅などさまざまな選択肢から選べるのもマイホーム計画の醍醐味です。そして、おしゃれな雰囲気の輸入住宅に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、輸入住宅は

続きを読む

輸入住宅のほとんどが2×4工法を採用しています。2×4工法は耐震性に優れているといわれており、海外ではメジャーな工法の1つです。そこで、今回は輸入住宅に広く採用されている工法や耐震性について

続きを読む

寒い冬の時期、暖房にはさまざまな種類がありますが、おしゃれな薪ストーブに憧れる方も多いでしょう。しかし、実際に薪ストーブを使って生活をするというのは、とてもハードルの高いことなのです。今回の

続きを読む