アーデンホームの口コミや評判

公開日:2021/09/15   最終更新日:2021/10/21


株式会社アーデンホームインターナショナル
住所:〒400-0034 山梨県甲府市宝二丁目2-1

TEL:0120-204-417
受付時間:9:00~18:00

近年、輸入住宅の人気が高まっており、さまざまなハウスメーカーが輸入住宅を提供しています。しかし、輸入住宅は建築コストが高くなるというイメージが強く、とくに若い世代にはハードルが高い住宅となっているのが現状です。そこで、今回は質の高い輸入住宅をローコストで提案しているアーデンホームについて紹介します。

アーデンホームはなぜローコストなのか

アーデンホームは高品質な輸入住宅をローコストで提案しているのが特徴です。アーデンホームでは若い世代をターゲットに豊富なラインナップを用意しており、収入に制限がある方でもマイホームを手に入れられるようにローコスト輸入住宅を提案しています。

アーデンホームでは、大前提として家賃以下の住宅ローンになるように提案しているのが特徴です。もちろん、住宅ローンの金額を上げれば、ほとんどのハウスメーカーで家を建てることが可能です。しかし、毎月の支払の負担が増えることで、とくに若い世代にとっては家計に大きな影響を及ぼしてしまいます。

たとえば、小さな子どもがいる子育て世代では、子どもが成長していくにつれてどんどんお金がかかっていきます。とくに子どもがいない時に住宅ローンを組んだ方は、子どもの成長とともに毎月に支払いが負担となってしまうということも珍しくありません。

そこで、アーデンホームでは家賃以下の住宅ローンになることを前提としており、トータルコストを抑えるためのアドバイスをしてくれます。たとえば、日本の土地が高いという点に着目しています。

通常、予算を抑えるためにハウスメーカーを検討したり、住宅設備や広さを制限したりすることがあるようです。しかし、せっかくの家づくりにおいて、すべてに制限をかけてしまうと、快適な住宅環境を作ることは難しいといえます。

そこで、土地の広さを狭くすることで、全体にかかるトータルコストを抑えることができるようです。たとえば、5060坪の土地に家を建てる場合と40坪の土地に家を建てる場合とでは、トータルコストに大きな差が出てきます。

しかし、土地が狭くなった分、建物本体を狭くしなければならないと思う方も多いのではないでしょうか。そこで、アーデンホームでは土地が狭くなったとしても、建物の延床面積自体は変えずに家を建てることを可能にしています

たとえば、60坪の土地に、1階が18坪、2階が18坪の家を建てる場合と40坪の土地に、1階から3階、それぞれ12坪ずつにした場合とでは、総面積は同じになるのです。つまり、狭い土地であっても、建てる階数を増やせば住まいとして使用できる面積は同じになるということです。

土地が狭くなった分、土地購入費用を抑えることができるため、アーデンホームではローコストの家づくりができます。

高温多湿・災害の多い日本でも安心な性能

日本は高温多湿という環境のため、家づくりにおいても湿気対策を入念に行う必要があります。アーデンホームでは調湿性に優れたアーデンウールを使用しており、壁内結露を防止させる効果があります。

さらに、空気環境が乾燥状態であるときは、放湿することで湿度を一定に保つことができ、快適な環境を実現することが可能なようです。また、湿度を抑えることで、ダニやカビの発生を抑えることができ、住んでいる人が快適に暮らすことができるように配慮されています。

また、アーデンウールは調湿効果があるだけでなく、高い断熱性があることも特徴の1つです。さらに、シックハウス症候群の原因であるホルムアルデヒドをわずか1時間で100%吸着させることができるという優れものです。

したがって、快適な湿度と空気環境、さらに断熱性の高さをローコストでありながらも実現できるのがアーデンホームの特徴のようです。

3つの保証を完備

アーデンホームのオーナー総合保障プログラムでは主に3つの保証が用意されています。

完成保証

完成保証というのは、万一契約後に、会社が倒産してしまった場合でも第三者機関が補償を行い、契約通りの家を完成させるという保証制度です。

たとえば、ローコストハウスメーカーの中では補償や保険に入っていないところもあり、契約した直後に会社が倒産して、家が建っていないにもかかわらず返金されなかったという事例も珍しくありません。

しかし、アーデンホームでは第三者機関である社団法人ハウスワランティの完成保証に加入しているため、万一会社が倒産した場合でも、契約通りに家を建ててくれるため、安心して依頼できます。

地盤保証

アーデンホームでは建築予定地の地盤調査を行い、必要に応じて地盤改良工事を行います。そして、万一、不同沈下の影響で建物が損傷してしまった場合は最高5,000万円の補修費用が支払われるのです。

アーデンホームでは引き渡し日から10年の保証制度を用意しているため、万一の不同沈下でもしっかりと補償してくれるのが特徴です。

瑕疵保証

瑕疵保証は引き渡し後の10年間、何らかの施工ミスが発覚した場合、再施工または修理を無償で行うというものです。そのため、引き渡し後に欠陥が発覚した場合は、迅速に対応してくれ、しっかりと修理してくれるため安心できるのが特徴です。

 

昨今、輸入住宅の需要が高まり、さまざまなハウスメーカーが輸入住宅を提案しています。しかし、輸入住宅は建築コストが割高だというイメージが強く、若い世代にとっては少しハードルが高いのが現状です。そこで、アーデンホームでは家賃以下の住宅ローンを前提として、質の高い輸入住宅をローコストで提案しているのが特徴です。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

日本の住宅とは大きく異なる佇まいを見せる「輸入住宅」。輸入住宅とは、海外のデザインや作りを取り入れた住宅のことです。おしゃれな輸入住宅は、近年家づくりにおいて人気を集めています。そんな輸入住

続きを読む

根強いファンも多い輸入住宅。海外ドラマに出てきそうなおしゃれなデザインに魅了されている人は多いでしょう。しかし、輸入住宅はデザインだけでなく、たくさんの優れた機能をもち合わせていることをご存

続きを読む

せっかく注文住宅を建てるなら、海外風のオシャレな住宅にしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、住宅に欠けられる費用には限界があるため、理想ばかりを追求することもできません。そ

続きを読む

輸入住宅と聞くと、どのような家を思い浮かべるでしょうか。広大な土地に建つ城のような家ばかりが輸入住宅ではありません。輸入住宅は注文住宅と同様に充分に選択肢に入る、デザイン性も機能性も高い家で

続きを読む

いつかはマイホームを持ってみたいと思う人も多いでしょう。さらに、最近はおしゃれな輸入住宅が注目を集めており、輸入住宅を扱うハウスメーカーも増えつつあります。しかし、購入後の保証制度に不安をい

続きを読む

建売住宅や注文住宅、輸入住宅などさまざまな選択肢から選べるのもマイホーム計画の醍醐味です。そして、おしゃれな雰囲気の輸入住宅に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、輸入住宅は

続きを読む

輸入住宅のほとんどが2×4工法を採用しています。2×4工法は耐震性に優れているといわれており、海外ではメジャーな工法の1つです。そこで、今回は輸入住宅に広く採用されている工法や耐震性について

続きを読む

寒い冬の時期、暖房にはさまざまな種類がありますが、おしゃれな薪ストーブに憧れる方も多いでしょう。しかし、実際に薪ストーブを使って生活をするというのは、とてもハードルの高いことなのです。今回の

続きを読む

家を新築する際に土地購入代と建築費用のほかに発生する可能性があるのが地盤改良工事です。しかし、これは本当に必要があるのでしょうか?この記事では地盤改良工事の必要性を説明するとともに、家の建て

続きを読む

注文住宅購入を検討する際、気密性や断熱性などの家づくりに欠かせない情報を調べていて「C値」という言葉を目にしたことがあるかもしれません。しかし、聞いたことはあるけれど、「C値」についてよく知

続きを読む