ビックボックスの口コミや評判

公開日:2021/10/01   最終更新日:2021/10/21

BIGBOX野田千葉 駒﨑興業(株)
住所:〒278-0043 千葉県野田市清水574-1
TEL:04-7138-5425
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜

マイホームを購入する際、注文住宅や建売住宅などを検討する方が一般的です。そして、住宅の中にも種類があり、和な印象を残した瓦屋根の家や窓を多く使用した現代的な家もあります。さらに、輸入住宅という海外の雰囲気を味わうことができる家あります。そこで、今回は輸入住宅を得意としているビックボックスの特徴について紹介します。

ログハウス・北欧住宅専門の店

ビックボックスはログハウスや北欧住宅を得意としており、全国に対応している輸入住宅専門店です。究極の健康住宅ともいわれている優しい木をふんだんに使ったログハウスは、快適な暮らしはもちろん、温かみに溢れる癒される空間となるのです。

そして、昨今はテレワーク需要が高まっており、家にいる時間が長くなっているという背景があります。そのため、普通の家ではなく、家自体を快適で温かい雰囲気に仕上げたいという方が増えている傾向にあります。そこで、ビックボックスではテレワーク需要に対応するため、さまざまなプランニングを提案しているようです。

たとえば、家の中を快適にするために、ダクトレス熱交換換気システムを導入しています。ダクトレス熱交換換気システムにより、室内の暖かい熱を逃がさずに新鮮でキレイな空気を外から取り入れることが可能になります。

そのため、室温変化がなく、冷暖房効率も向上するようです。また、業界最小サイズのシステムを導入しているため、見栄えに影響することなく、導入できるのが特徴です。

その他、断熱性や防音性に優れた3重ガラスの木製窓を導入することで、非常に断熱性の高い家に仕上げることができます。とくに寒い地域の場合、従来の窓ガラスだと、寒さが窓を伝って室内に入り込んでしまいます。

しかし、3重ガラスの木製窓を導入することで、見栄えが暖かくなるのはもちろん、効果としても外から冷気が伝わりにくいという特徴があるようです。

ビックボックスはログハウス、北欧住宅を専門にしているため、さまざまな視点から要望に合わせて最適な提案を行ってくれるのが特徴です。

デザインやプランニングは自分で選べる!

ビックボックスのログハウスはフリープラン、アレンジプランの設計料が無料なのが特徴です。それぞれの理想や要望に合わせて、ぴったりのプランニングを提案してくれます。

たとえば、ハイグレードリニューアルモデルには9つの種類があり、その中からベースとなるものを選んで、要望に合わせて家を仕上げていきます。外観の色はもちろん、キッチンの種類なども選ぶことができるため、理想の家づくりを実現できるようです。

また、FIN・UNIプロジェクトでは北欧テイストがふんだんに盛り込まれた高品質な家に仕上げることが可能です。さらに、壁高2,880mmという広々とした空間を作り上げることが可能です。

また、収納扉ではパインの木目を感じることができたり、内部ドアにはログ壁と同材質の木材を使用したりすることで、全体的に統一感が出て、よりキレイで温かみのある仕上がりにまとまります。

そして、広いアイランドキッチンや温かみのある寝室、さらにベランダ空間など、まさに北欧テイストを思う存分味わうことができるのが特徴です。

耐震性・耐火性にも優れている

ビックボックスのログハウス、北欧住宅は耐震性、耐火性に優れているのも特徴の1つです。2007年につくば市の土木研究所で地震の実験を行い、阪神淡路大震災の1.5倍レベルの巨大地震を発生させても倒壊しなかったという実績があります。

地震が多い日本では、耐震性を考えた家づくりを検討することが必要となります。とくにデザインを重視した住宅の場合、耐震性を犠牲にして設計することもあるようです。しかし、ビックボックスのログハウス、北欧住宅はデザイン性を重視しながらも、優れた耐震性を実現していることが特徴です。

さらに、耐火性にも優れており、45分準耐火ログ認定を国土交通省から取得しています。通常、ログハウスを建てる際、地域やエリアによっては、建てる際の条件が設けられていることがあります。

たとえば、1階の外壁から3m、2階の外壁から5m、隣地境界から離さなければならないという規定があるようです。しかし、45分準耐火ログ認定を受けることにより、自由な配置が可能になっています。そのため、条件的に厳しいエリアや土地であっても、ログハウスを建てることが可能になるということです。

ビックボックスのログハウス、北欧住宅は巨大な地震実験もクリアしていたり、国土交通省から45分準耐火ログ認定を受けたりしているなど、日本という北欧とは異なる環境でも快適かつ安心した暮らしを実現することが可能なのです。

 

木の温かみのある住宅づくりが話題となっており、人気が高まってきています。そして、テレワーク需要と相まって、快適な家づくりに注目が集まっています。

そこで、ビックボックスでは北欧テイストをふんだんに提供することを目標としており、自由なデザインとプランニングから要望や理想に合わせて最適な家づくりを提案しているようです。また、耐震性や耐火性にも優れており、安心して快適な環境を作り上げることが可能になっています。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

日本の住宅とは大きく異なる佇まいを見せる「輸入住宅」。輸入住宅とは、海外のデザインや作りを取り入れた住宅のことです。おしゃれな輸入住宅は、近年家づくりにおいて人気を集めています。そんな輸入住

続きを読む

根強いファンも多い輸入住宅。海外ドラマに出てきそうなおしゃれなデザインに魅了されている人は多いでしょう。しかし、輸入住宅はデザインだけでなく、たくさんの優れた機能をもち合わせていることをご存

続きを読む

せっかく注文住宅を建てるなら、海外風のオシャレな住宅にしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、住宅に欠けられる費用には限界があるため、理想ばかりを追求することもできません。そ

続きを読む

輸入住宅と聞くと、どのような家を思い浮かべるでしょうか。広大な土地に建つ城のような家ばかりが輸入住宅ではありません。輸入住宅は注文住宅と同様に充分に選択肢に入る、デザイン性も機能性も高い家で

続きを読む

いつかはマイホームを持ってみたいと思う人も多いでしょう。さらに、最近はおしゃれな輸入住宅が注目を集めており、輸入住宅を扱うハウスメーカーも増えつつあります。しかし、購入後の保証制度に不安をい

続きを読む

建売住宅や注文住宅、輸入住宅などさまざまな選択肢から選べるのもマイホーム計画の醍醐味です。そして、おしゃれな雰囲気の輸入住宅に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、輸入住宅は

続きを読む

輸入住宅のほとんどが2×4工法を採用しています。2×4工法は耐震性に優れているといわれており、海外ではメジャーな工法の1つです。そこで、今回は輸入住宅に広く採用されている工法や耐震性について

続きを読む

寒い冬の時期、暖房にはさまざまな種類がありますが、おしゃれな薪ストーブに憧れる方も多いでしょう。しかし、実際に薪ストーブを使って生活をするというのは、とてもハードルの高いことなのです。今回の

続きを読む

家を新築する際に土地購入代と建築費用のほかに発生する可能性があるのが地盤改良工事です。しかし、これは本当に必要があるのでしょうか?この記事では地盤改良工事の必要性を説明するとともに、家の建て

続きを読む

注文住宅購入を検討する際、気密性や断熱性などの家づくりに欠かせない情報を調べていて「C値」という言葉を目にしたことがあるかもしれません。しかし、聞いたことはあるけれど、「C値」についてよく知

続きを読む